プチ速読を使って勉強を有利に

プチ速読を使って勉強を有利に

速読をすることによって受験に成功するわけでもないですが、出来ることになれば間接的有利になることが多々あるのも事実です。

簡単に上げると時間のゆとりが出来るので勉強量が増える、覚える量が増えていくので知識が増えていくので成績も上がりやすくなります。

ざっと考えてもこれだけあるのですが、他にも何かあるのではないか調べてみたので見て欲しいです。

プチ速読公式HP

速読によってもたらせること

速読が受験へ与えるメリットはたくさんあります。それはいったいどんなことなのでしょうか?見ていきましょう。

覚えられる量が増える

まず速読が受験に及ぼす最大のメリットは、本を素早く読めるので情報を覚えられる量が格段に増えていきます。

もちろんはじめての参考書は知らない情報が多いので、実際にはもう少し時間がかかるでしょう。それでもおそらく1?2時間もあれば、一通りは読めるようになります。

なお受験生だったら、「参考書は1周だけでなく何周も回せ」というセオリーを当然承知していると思いますので、何回も復習する必要があります。その回転が早くなるので結果的に覚える量も時間も増えます。

短期間に何度も参考書を復習できるということは受験生にとって、大きなメリットではなると思います。

理解力が上がる

受験生の勉強は、新しい知識の吸収をして元々の知識の反復することと、常に同時進行させていきます。しかも得意な教科だけでなく、苦手な教科も一定レベルまで引き上げる必要がありますので、これが何気に大変だったりします。

プチ速読なら速読の速さを維持したまま内容を覚えられるのでインプットした情報の定着度が驚くほど上がります。その理由は脳が活性化しているからです。

時間的余裕がある

これは簡単ですよね。読ができれば、試験問題を素早く読めるので、時間的な余裕が生まれますね。

読解問題の主旨を読み取る能力がないと何回も文章を読まなくてはなりません。そのため速読できるか出来ないかでは差が出ます。

そういった状況のなかで問題を速く読めれば、それだけじっくりと内容を検討する時間が確保できます。こうなると、速読で大きく結果が変わってくるというのも、間違いと言えないかもしれません。

まとめ

受験をしている自分からすれば、使えるものはなんでも使いたいという心境だと思いです。ただ受験シーズンという限られた時間の中でどれだけ効率的に出来て結果に繋がるか?そこを重点におくといいでしょう。

プチ速読公式HP
TOPページを見る