時間を短縮するには

時間を短縮するには

絶対的に平等なのは「時間」と言われています。よく考えてみればどんな人間だって1日24時間というのを変えられることは出来ません。

「勉強ができる」「短時間で結果を出す」「やたら効率がいい」なども、時間の使い方がうまいからです。

受験勉強では時間が足りなくなってしまうので、短縮できる部分に関してアイデアを見つけたので共有したいです。

プチ速読公式HP

時間は大事な意味は

すべての人に平等だからこそ、時間の使い方が重要といえます。使い方次第で、あらゆるものごとの結果が大きく変わってくるのが理由です。1日24時間という時間は同じなのに、結果に差が出てきてしまうのは、時間をいかに効率よく使うかというところに帰結します。

そのために必要なことを見つけました。

簡単にしていく意識を持つ

速読にしてもそうですし、複雑で時間をかかるようなことから簡単に楽にできる方法はないかと考えてから速読に行き着きました。

このように社会が便利になっていったのもこれ手間だなと面倒だなと言う部分を簡略化して楽にしたからです。

わかりやすい例を言えばスマホなんて特にそうです。この一台があれば何でもできるというのコンセプトに作られていると思いますし、そのおかげで荷物が減ったとかはありますよね。

だからこそ時間をかけて苦行のように取り組むことをやめ、簡単にやるという気持ちを極限まで膨らませると、作業にかける時間を短縮することができると同時に、より大きな結果を生みます。

ハードルを下げる

最初からハードルを上げず、成功できるレベルのことからコツコツやっていくのがポイントです。

一見遠回りに見えるかもしれませんが、こちらのほうが結果的に近道になります。そして、この小さな成功の積み重ねが、やがて大きな成功をつかむチャンスとなるのです。プチ速読はまさにこの原理です。

成功が続けば、誰もが嬉しく、ポジティブになります。ポジティブだからこそ、また次のことに挑戦しようと意欲がわきます。このポジティブなサイクルが習慣になると、時間をかけずに続けていくことができます。

集中力をあげる

同じ時間でも、集中して作業したかどうかで、時間の密度は変わり、結果も大きく変わってきます。夢中になれてまわりも気にすらならないというように集中力を持ちましょう。

さらにいつでも集中状態になれる精神状態をつくることによって、いつでもその状態に入れるようにすることが肝心です。

プチ速読公式HP
TOPページを見る