プチ速読を学ぶには?

プチ速読を学ぶには?

NHK文化センターで講座を開いていたというプチ速読。あまり自分のような年代では聞いたことがあっても縁がないNHK文化センターのようなカルチャースクール、そもそもカルチャースクールとはどんな場所なのでしょうか?

起源などを調べてみました。プチ速読がどれだけ信頼されていて実績があるのかもわかりますしね。

プチ速読公式HP

カルチャーセンターやスクールはとは

カルチャーセンターは、社会人のための社会教育の機会を提供する民間の教養講座のことです。カルチャースクール、文化教室(ぶんかきょうしつ)とも呼ばれているので、名称は違ってもやっていることはほぼ同じと考えていいでしょう。

1980年代以降に一般的な呼称として定着していき浸透しています。近年では大学でもこのような社会学習講座が開かれていて、大学が行う場合はオープンカレッジと呼ぶ場合もあります。

社会学習ということなので、生活にも余裕が出てきてさらに学びたいという人たちの要望によって作られたところはありますね。

メディアが主軸

特に新聞社や放送局などマスメディアが提供する講座が規模が大きく、教室の数も多いと言われています。代表的なものでは

産経新聞社の協力で開講した日本初のカルチャーセンター「産経学園」

NHKの関連企業である「NHK文化センター」

読売新聞グループの「読売文化センターユニオン」

朝日新聞社系列の「朝日カルチャーセンター」

毎日新聞社系列の「毎日文化センター」

などとマスメディアがほぼ占めていると言っても過言ではないですし、大規模に運営されているものは、講師も大学教授や評判の高い専門家などが多く、生徒数も多いです。

つまりは人気じゃないと続けることが出来ないある意味シビアな面もあるわけです。

講座の内容は

内容は主に文化史、文学、歴史などの教養、外国語、書道、手芸、生花、絵画、陶芸などの美術、音楽、ダンスやヨーガなどの運動が挙げられます。

大学や専門学校と違い、就業年限にとらわれず好きなものを短期で学べることが特徴なので敷居が低く誰でも気軽に学べます。

また民間企業なので世間で評判の話題もいち早くコースのテーマに取り入れられるなど、時代のニーズに対応して、カリキュラムを編成することが出来るため、小回りがきいてなおかつ室の高い講師を呼ぶことが出来るのでしょう。

プチ速読の評判は?

こういう背景を知っているとどうしてプチ速読がNHK文化センターで講座を開けていたかがわかるかなと思います。競争者に負けない内容を誇ってないと講座もなくなってしまいますしね。

プチ速読公式HP
TOPページを見る